大分市石炭産業科学館

石炭産業の歴史
1469年 伝治左衛門が今の大浦町の付近で石炭を発見
三池石炭発見伝説図
この写真は加藤丹丘(たんきゅう)氏が描いた「三池石炭発見伝説図」です。文明元年(1469)稲荷(とうか)村の農夫伝治左衛門が、稲荷山に薪(まき)を取りに行き、たき火をしているうちに、そばの黒い石に火が燃え移ったの見つけたことが「燃ゆる石」の発見伝説といわれ、そのまま三池炭山の起源とされています。その後約250年間は里人が随時採掘した自由採掘時代といわれています。

写真 大牟田市史より
参考資料 大牟田市史より

Copyright(C) 2002-2022 OMUTA COAL INDUSTRY AND SCIENCE MUSEUM. All rights reserved.