大分市石炭産業科学館

石炭産業の歴史
1721年頃 平野山で石炭をほり始める
平野山
享保6年(1721)、柳川藩の小野春信は、藩政上の功労により、平野高取山を賜りました。ただちに平野山のふもとに居を構え、同年11月より平野石炭山を創業しました。春信の遺志を継いだ子孫の平野山に注ぐ情熱は、天保6年(1835)高取山の周辺を買収して、さらに鉱区を拡張しました。平野山とはこの一帯を呼び「小野さん山」とも呼びました。明治6年(1873)同山が官営となるまで、およそ150年小野家は代々平野山を経営しました。写真は現在の高取山付近です。

参考資料 大牟田市史上巻
 

Copyright(C) 2002-2022 OMUTA COAL INDUSTRY AND SCIENCE MUSEUM. All rights reserved.