大分市石炭産業科学館

●事業概要
取材・撮影日数 104日 調査対象者 約100人
撮影時間 約110時間 証言協力者 72人
撮影内容 近代化遺産といわれる建築物、工場など
元炭鉱マンやその家族、関係者の証言など
証言内容 炭鉱での仕事、社宅生活、囚人労働、朝鮮人強制連行、与論島の人たちの仕事、三池争議、炭鉱災害、近代化遺産を生かしたまちづくりの動きなど
●監督・撮影
監督 熊谷博子 1951年生まれ。
日本映像記録センターでディレクターを務め、その後独立。
これまでドキュメンタリー作品を数多く手がける。「ふれあうまち 向島・オッテンゼン物語」は全国140ヵ所以上で上映されている。
主な作品/よみがえれカレーズ(共同監督)、まちづくり元気ウィルスが行く、ふれあうまち向島・オッテンゼン物語 ほか
撮影 大津幸四郎 1934年生まれ。
岩波映画製作所に入社し、その後フリーランスのカメラマンとして独立。
これまでドキュメンタリー映画やTVプロジェクトの撮影を行なう。
主な作品/チョムスキー9.11、花子、まひるのほし、魂の風景 大野一雄の世界 ほか

Copyright(C) 2002-2020 OMUTA COAL INDUSTRY AND SCIENCE MUSEUM. All rights reserved.